繊の偶然

「繊(せん)」とは、10-7(1000万分の1)を示す数の単位の事。
総務省の情報通信政策研究所によると、2008年1月現在でインターネット上で公開されている国内のブログの総数は約1,690万らしい。
1,000万から2,000万あるブログの中の一つに行き当たる確率は「繊」であり、それは正に「偶然」である。

2019年11月

マルハニチロ「TETTY さばフィレ エクストラバージンオリーブオイル漬 6缶」

シンプルで使いやすい味付けだから
毎日のお料理に大活躍


という訳で、今回のタメせる商品は

◇マルハニチロ
・TETTY さばフィレ エクストラバージンオリーブオイル漬 6缶

です。

エクストラバージンオリーブオイルに漬け込んだ
タイセイヨウサバ(ノルウェーサバ)の缶詰です。

塩で味付けがされているので、缶切り不用で開けたら
直ぐに食べられます。
オイル漬けですが、オリーブ油なので、くどくなく
缶に入っている油も全て食材として使えます。

皿に出し、そのまま白米のおかずとして通用します。

身をほぐして、マヨネーズなどの調味料を加えて
料理のトッピングやディップ、パスタに和えたりと
色々な使い方が出来ます。

1缶125gで350円(税別)と、お値段はよろしいですが
値段に見合った美味しい鯖フィレです

カルビー「クランチポテト サワークリームオニオン味 25g×25袋」

カルビー
最堅
新食感


という訳で、今回のタメせる商品は

◇カルビー
・クランチポテト サワークリームオニオン味 25g×25袋

です。

堅ポテトでおなじみの「堅あげポテト」の約1.4倍の厚みで
カットしたジャガイモを低温でじっくりフライする事で
更にバリバリな堅い食感のポテトチップになっています。

サワークリームの酸味と、オニオンの甘味が、噛む度に
口に広がります。
隠し味のガーリックがプラスされ、バリバリボリボリと
濃厚な美味しさを楽しめます。

試供品サイズなので25gと小容量で、それが大量25袋と、
お裾分けにピッタリなタメせるでした。

三菱食品「榮太樓總本鋪 飴アソート9点/玄米和み煎×1」

厳しい残暑に!
塩とほんのり梅の美味しい組み合わせ


という訳で、今回のタメせる商品は

◇三菱食品
・榮太樓總本鋪 飴アソート9点/玄米和み煎×1

です。


・榮太樓總本鋪 塩飴 ほんのり梅味
沖縄県産の海塩「ぬちまーす」を使った塩飴生地に
和歌山県産の梅肉を入れた塩梅(しおうめ)飴です。

しょっぱ過ぎず、すっぱ過ぎずの優しい味で
残暑の熱中症対策に良い塩梅(あんばい)の飴です。


・榮太樓總本鋪 日本の茶飴
宇治の茶匠辻利と日本橋の榮太樓の伝統の技が融合した
無香料・無着色の抹茶とほうじ茶の飴です。

甘苦く香りの良い抹茶と、サッパリして香ばしいほうじ茶の
雰囲気を何時でも手軽に楽しめる茶飴です。


・榮太樓總本鋪 紅茶博士のテアフラビンのど飴
紅茶に含まれているポリフェノールの一種である
テアフラビンの効能を期待した飴です。

これからの季節、風邪やインフルンザが流行るので
それに対抗しつつ、紅茶の味と香りを楽しめる飴です。

ℓ-メントールが入っていますが、風味付け程度なので
スースーしすぎで逆に喉が辛くなる事はありません。


・榮太樓總本鋪 玄米和み煎 ほうじ茶
小麦生地に、ほうじ茶とロースト玄米を混ぜて焼き上げ
サクサクでプチプチな食感とお茶の香りを楽しめる
和風クッキーです。

あわせる飲み物は、香りが弱い物が良さそうです。

キタノ商事「イタリア発 世界No.1ウエハース ローカー ブルーベリーヨーグルト ミニ 25個」

イタリアNO.1ウエハース
Loacker (ローカー)

という訳で、今回のタメせる商品は

◇キタノ商事
・イタリア発 世界No.1ウエハース ローカー ブルーベリーヨーグルト ミニ 25個

です。


ブルーベリーとヨーグルトの甘酸っぱいクリームをサンドした
サクサクなウエハースです。
クリーム100gあたり12gのブルーベリーが使われているので
ブルーベリーの味と香りが強いです。

パッケージの写真を見て、1袋37.5gでウエハース1枚と
思ってしまいましたが、実際には、3枚重ねになっていて
それぞれ4枚にカットされた計12枚で1袋37.5gでした。

小さくカットされた状態なので、一口サイズで食べやすく
12枚と沢山あるように思っても、気が付けば残り数枚と
どんどん食べてしまいます。

25個セットだったので、お裾分けして皆で楽しみました。
味も香りも良いと好評でした。

エスビー食品「フォン・ド・ボー ディナー シリーズ4種」

じっくり丁寧に仕上げた
フォン・ド・ボーが生み出す
三ツ星のコク


という訳で、今回のモラえる商品は

◇エスビー食品
・フォン・ド・ボー ディナー シリーズ4種

です。


フランスで最高の味のベースとされている
フォン・ド・ボー(仔牛と野菜の煮汁)を使用した
深いコクと味わいが自慢の
「フォン・ド・ボー ディナー」シリーズです。


・フォン・ド・ボー ディナー カレー97g 中辛
ベースとなる「フォン・ド・ボー」に、「煮込みマサラ」と
「ソテー・ド・オニオン」「フランス産発酵バター」を使った
最高級の欧風カレーです。

普段使っているルーと比べて、お高い値段だけの事はあり
コクと香辛料の風味が素晴らしいです。


・フォン・ド・ボー ディナー クリームシチュー
滑らかな舌触りと、クリームのコクが素晴らしいです。
普段のルーにはコクを出す為に牛乳を加えているのですが
このルーは水を全て牛乳にしたような味わいでした。

普段使っているルーの物と比べて、黄色かかっていたのは
「ソテー・ド・オニオン」による着色のようです。


・フォン・ド・ボー ディナー ビーフシチュー
・フォン・ド・ボー ディナー ハッシュドビーフ
ビーフシチューとハッシュドビーフは家で作らないので
調理も実食も家では初体験となりました。
どちらも、カレーともシチューとも違う味わいで
見た目はカレーっぽいのに辛くなく、ちょっと変わった
シチューといった理解でしかないですが、家族で
美味しく頂きました。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

ms_ohbw

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ