繊の偶然

「繊(せん)」とは、10-7(1000万分の1)を示す数の単位の事。
総務省の情報通信政策研究所によると、2008年1月現在でインターネット上で公開されている国内のブログの総数は約1,690万らしい。
1,000万から2,000万あるブログの中の一つに行き当たる確率は「繊」であり、それは正に「偶然」である。

2015年10月

エヌアイエスフーズサービス「ロータス オリジナル カラメルビスケット Biscoff(ビスコフ) ツインパック 20包入り」

世界各国のホテルやレストランで
愛されている定番のビスケット!


という訳で、今回のタメせる商品は

◇エヌアイエスフーズサービス
・ロータス オリジナル カラメルビスケット Biscoff(ビスコフ) ツインパック 20包入り

です。

以前、タメした
ロータス オリジナル カラメルビスケット Biscoff 約50枚入り
よりも大き目の物が1袋に2枚入っています。

2枚での重さが25gなので、1枚あたり12.5gです。
Biscoff 約50枚入りだと1枚6.25gなので
2倍の重さです。


厚みがあるので歯応えが良くて、ボリボリと噛む内に
小麦の香ばしさとカラメルの甘さが口いっぱいに広がります。
ほのかなシナモンの香りもあって食べ飽きません。

BiscoffはBiscuit for Coffee(コーヒー用のビスケット)の略で
コーヒー向けですが、どんな飲み物とも相性が良いと思います。

個包装なので湿気にくく、この歯応えが保たれています。
お出掛けの時にカバンに忍ばせておけるサイズなので、
ちょっと小腹が空いた時のオヤツにもピッタリです。

味の素「鍋キューブ6点セット」

鍋キューブでアレンジレシピを楽しもう♪
パスタやリゾットなどの洋風メニューも鍋キューブにおまかせ!


という訳で、今回のタメせる商品は

◇味の素
・鍋キューブ6点セット

です。

4/14 20:00掲載開始(発送:4/17~4/28)
鶏だし・うま塩×2
寄せ鍋しょうゆ×2
ピリ辛キムチ×1
まろやか豆乳鍋×1
のセットの時にタメしました。

普段、鍋系の料理を作ると、どうしても食べ慣れた
醤油味の鍋の元を使ったり、家にある醤油を使うので
「鶏だし・うま塩」の醤油に似ているけど違う系や
寒い時にピッタリ(食べたのは夏真っ盛りだけど)の
「ピリ辛キムチ」や、美味しそうだけど「豆乳……」と
敬遠して手を出せなかった豆乳鍋を食べる事が出来た
「まろやか豆乳鍋」といった未体験の味の鍋を堪能しました。

アレンジ系のメニューには手を出せていませんが、
一度は試してみたいです。

バカルディジャパン「バカルディ モヒート ボトル5本/バカルディ ピニャコラーダ フィズ ボトル3本 計8本セット」

モヒートはバカルディ


という訳で、今回のタメせる商品は

◇バカルディジャパン
・バカルディ モヒート ボトル5本/バカルディ ピニャコラーダ フィズ ボトル3本 計8本セット

です。

今回のタメは、定番といえるモヒートとピニャコラーダ フィズのセットです。

ミントとライムのフレーバーで爽やかなモヒートと
パイナップルとココナッツで南国テイストなピニャコラーダ フィズ。

ピニャコラーダとは、スペイン語で「パイナップル畑」とか
「パイナップルの生い茂る峠」「うらごししたパイナップル」という
意味だそうです。
"pina" が英語で "pine(apple)" なのですね。

ピニャコラーダはパイナップル風味なので、モヒートよりも
ジュースっぽい感じがしますが、ちょっと甘い物を飲みたい時に
ぴったりなカクテルです。

【長崎】みろく屋「みろくやの長崎ちゃんぽん 1人前×3/みろくやの長崎皿うどん 1人前×3」

みんな知ってる
長崎ちゃんぽんの
みろくや
モラタメ登場!


という訳で、今回のタメせる商品は

◇【長崎】みろく屋
・みろくやの長崎ちゃんぽん 1人前×3/みろくやの長崎皿うどん 1人前×3

です。

ちゃんぽん、皿うどん共に初体験です。

・ちゃんぽん
袋の裏に書かれている「基本材料」に足らない物がありましたが
似たような物で代用し、更に余り物の野菜などを追加してみました。

付属の調味油で具材を炒めていると、野菜炒めを作っているのだと
勘違いしそうな程の具沢山です。

炒めあがったら、用意しておいたスープと、湯がいた半生めんを加え、
一分ほど煮込んで出来上がりです。

具を炒める必要がありますが、麺が半生なので湯で時間も短く、
全体として、それほど時間は掛からず完成します。

器に盛ると、具沢山なのでボリューム感があって、とても美味しそうです。

味は豚骨ベースで、コクがあるけどクドくないスープです。
具材を炒めるのに使った油が入っていますが、油感はまったく
気にならないです。

コシのある太麺は歯ごたえも喉越しも良いです。
程よい長さにカットされているので、食べやすいです。

思っていた以上の美味しさに、スープも飲み干す完食でした。

簡単調理で本場の味を楽しめるのは良いですね。


・皿うどん
「うどん」というと、一辺が5ミリ以上ある白くて四角い麺を想像しますが
これはソーメン並みの細めんで、しかも揚げてあるので茶色でパリパリです。
トレイに入ってなければ、バリバリに砕けてしまいそうです。

その揚げ細めんに、ちゃんぽんと同じく豚骨ベースで魚貝の旨みタップリの、
更に具材もタップリのあんを掛けて食べるとの事ですが……
なにぶん初体験ゆえ、パリパリしていて食べるのに一苦労でした。

悪戦苦闘していると、次第にあんが麺に染み込んでいき、パリパリが
しんなりしてきて食べやすい状態になってきました。
終わりの方になると、麺があんを吸って倍ほどの太さになり、
あんの中で泳いでいた具材と麺が陸に上がっていました。

皿うどんというのは、この麺の変化も楽しみつつ、食べるのだと知りました。

付属のパンフレットに、大皿に盛った物をみんなで突っついて食べるとあり
なるほど、これなら直ぐに平らげられてしまう事無く、次第にしんなりする
麺を真ん中にワイワイと卓を囲める、良い料理だと思いました。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

ms_ohbw

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ